間違えないように!手順を覚えれば簡単な着物のたたみ方
慣れないと一見難しく思われる着物のたたみ方はいったん手順を覚えれば簡単です。また、着物を畳や床で直接たたむのではなく、大きなたとう紙の上でたたむようにするのが上手なたたみ方のポイントです。たたみ方の最も基本である本だたみは、左に襟がくるように着物を広げて手前にある下前の脇の縫い目に沿って、裾から肩までを折ります。次に下前のおくみの縫い目を手前に折り返し、後ろ襟の部分は内側に寝かせて折り、先に折り返したおくみに、左手側の上前と呼ばれるおくみを重ねます。この時、襟から裾まできれいに重ねるのがコツです。さらに背縫い線の位置で手前に折り、下前の脇線に沿って両袖もきちんと重ねます。左の袖を袖付けの位置で折り返して身ごろの上に重ね裾を持ち、身ごろを内側の部分がしわにならないように注意しながら2つ折りにします。最後に肩と裾の部分を持って崩れないように注意しながら裏返し、右の袖を身ごろの上に重ねて出来上がりです。